SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

FP気まぐれブログ

ファイナンシャルプランナー”ライフパートナーオフィス”のブログです。
<< 南平高校1年生の保護者会 | main | 松ノ木中学校&杉並学院高校 >>
戸田市消費生活展
0

    JUGEMテーマ:教育



    昨日の日曜日、戸田市消費生活展に行ってきました。

    開催場所は「戸田市児童センターこどもの国」で開催。

    たくさんのチビッ子達とその保護者が集まった。

    チビッ子達のほとんどは「就学前(0歳〜5歳)」のチビッ子達。

    そのような状況下、少数に止まるものの小学校低学年の児童も散見され、お小遣い帳を題材にしたミニゲームを実施。


    他方、事前に就学前の児童とその保護者の参加が見込まれていたため、「未就学児童をもつ家庭に向けた金銭教育の考え方」というペーパー作成。
    当日配布をさせていただいた。

    その中身は、
    ≪働く≫
    ・保護者が働く姿を知る
    ・働いた結果、お金を得ていることを知る
    ・お手伝い(働く)をすると「家族(社会)の役に立つ」という喜びを知る

    ≪使う≫
    ・使えるお金には限りがあることを知る
    ・限られたお金の中でモノを買う工夫を覚える
    ・欲しいモノが手に入らない時には、時には我慢することも大切
    ・『欲しいモノ』と『必要なモノ』の違いを理解する
    ・お金はモノと交換する便利な道具であることを知る
       
    ≪貯める≫
    ・お金を貯める意味(目的)を理解する
    ・目的を持ってお年玉を貯めてみる

    ≪役立てる≫
    ・プレゼントはもらうだけではなく、「あげる喜び」を知る
    ・寄付など、助け合いの大切さを知る

    未就学児の金銭教育は、お金の意味をおぼろげに理解する最初の機会になります。駄々をこねている時に「ダメなものはダメ!ときっぱり言い切ることも視野に入れながら、子どもの成長に合わせて上記の考え方を一歩一歩理解させられるように心掛けると良いでしょう。
    お金の価値観は各家庭により様々です。日常生活において関連する場面に遭遇する都度、子どもと一緒になって考える機会を設けることが大切だと思います。お子様の様子をみながら、まずは買物体験やお手伝いの一貫として「お使い」をさせてみてはいかがでしょう。

    というもの。

    チビッ子の成長は、アッという間。
    参加したチビッ子達の健やかな成長を願うと共に充実した一日となった!
    | 金銭教育 | 11:15 | comments(0) | - | - | - |