SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

FP気まぐれブログ

ファイナンシャルプランナー”ライフパートナーオフィス”のブログです。
<< 関東学院大学 公開講座 | main | 戸田市消費生活展 >>
南平高校1年生の保護者会
0

    JUGEMテーマ:教育



    JUGEMテーマ:受験生



    先週の土曜日、東京都立南平高校1年生の保護者会へ行ってきました。

    1年生のこの時期「進学資金講座」は、まだまだ時期尚早と思われがちですが、進学資金の準備という観点では「遅すぎる」ことはあっても「早すぎる」ということはないと思っています。

    毎回。進学資金の現状→奨学金の概要→教育ローンの仕組みという流れでお話をしていますが、高校3先生の子どもを持つ保護者であれは、進学資金不足回避の苦肉の策として「奨学金(=借金)」や「教育ローン(=借金)」を検討するのは止むを得ないかもしれません。

    一方、高校1年生の保護者にとっては、資金準備のアドバンテージがあり、借金の仕方を知るより、準備の大切さを認識するほうが重要に違いありません!

    毎回ご協力を頂いているアンケートの感想欄には、
    「資金準備の大切さが実にしみました」
    「早めに聞けて良かったです」
    といったご感想が寄せられたのは、何よりでした。

    一方、感想の中には
    「上のお兄ちゃんの時に他校で同様の進学資金講座を聞いたことがあるが、ず〜っとわかり易かった」
    とのご感想があり、お褒めの言葉として受け止めた。

    中には、
    「きみまろさんみたい」
    との一言だけの記載があったのには、思わず苦笑!
    深刻になりがちなお金の話を前向きに受け止めていただけたと勝手に解釈したいと思う。

    高等教育の負担軽減を掲げた政党があるようであるが、税を投入した“公助”も重要ながら、まずは“自助”の大切さを認識すると、子どもの未来はさらに明るくなることでしょう?
    | 金銭教育 | 11:49 | comments(0) | - | - | - |