SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

FP気まぐれブログ

ファイナンシャルプランナー”ライフパートナーオフィス”のブログです。
出前授業 高松小学校
0

    JUGEMテーマ:教育



    先週の土曜日、練馬区立高松小学校へ行ってきました。

    高松小学校は、過去に出前授業でお邪魔したことのある小学校。

    出し物は、「商店ゲーム」。

    この出し物は、過去に高松小学校6年生で実施したことがあり、担当の先生よりリクエスト。

    このゲームで児童たちがおこなう販売会議において「現実離れしたアイデア大歓迎!」とアナウンス。

    すると様々なアイデアが噴出。

    中には「UVカットで日焼けしません」とのアイデアを披露したチームがあったが、そのアイデアに一番反応したのが、担任の先生!
    連日の強い日差しに頭を悩ませていたのであろう?

    ・働く大切さと難しさ
    ・物を買う時の判断材料
    ・人に意図を伝える難しさ
    ・売上と利益
    など

    将来、児童たちが成長し自立に向けたキッカケ作りになったと思う。

    この日は、土曜日でもあり学校行事の関係で1クラスしか実施できなかったが、残りのクラスには10月に再びお邪魔して出前授業をおこなう予定。

    大いに楽しんだ一日でした!
    | 小学校 | 12:35 | comments(0) | - | - | - |
    丸の内キッズジャンボリー2016
    0

      JUGEMテーマ:教育



      先週、東京有楽町にある東京国際フォーラムで実施されていた「丸の内キッズジャンボリー2016」に行っていました。

      このキッズジャンボリーは、今回で10回目との事。

      今年は、8/16〜8/18の3日間開催され、16日と18日に東京都金融広報委員会が出展した「お金教室」の進行役として参加した次第です。

      私自身は、キッズジャンボリーのお金教室のお手伝いをはじめて3年目。

      「お金教室」という内容を充実させ、更なるバージョンアップを目指しての今回の試み。

      お金教室の概要は、小学生3〜6年生を対象に「旅行へ行くためのプラン作りとその旅行へ行くために必要なお金を使い・見直し・貯める」というもの。

      それ自体は、昨年・一昨年と同様なれど、今年はより一層「お金教室」を意識した内容へ。

      ・お金に限りがある点
      ・働く大切さ
      ・収入と支出のバランス
      ・貯蓄の意味
      ・自分のみならず、人のために役立つお金の使い方

      などの内容を意識したつもり。

      16日と18日の2日間に3回の教室。
      延べ、約200名の小学生が参加してくれた。

      必ずしも思惑通りに進行できたわけではないが、参加したチビッ子達には何がしかのメッセージが残ってくれるとやった甲斐がある。

      今回2日間で4回の進行役を務めたが、日頃の不摂生もあり両足のふくらはぎはパンパン。
      途中、ふくらはぎの筋肉が痙攣。
      そんな中、金融広報中央委員会の会長・日本銀行情報サービス局長(金融広報中央委員会事務局長)をはじめ、財務省・東京都教育委員会など「多数のお歴々が傍聴に訪れていた」とのことであった

      多少の緊張はしつつ、何とか務めることができた。

      このお金教室を主催した「東京都金融広報委員会」事務局の皆様方には、企画→準備→運営→終了に至るまで大変ご苦労をおかけした。
      改めて感謝したい!

      来年もお手伝いさせて頂くことを願っていますぞぉー。
      | 金銭教育 | 11:47 | comments(0) | - | - | - |
      数理研究部 夏合宿2016
      0

        JUGEMテーマ:教育



        今年も行ってきました「立教池袋中学・高等学校 数理研究部」の夏合宿!

        7/29〜8/2までの4泊5日 山梨県の富士吉田で合宿中。

        その最中の日曜日から1泊2日で参加してきた。

        昼過ぎに到着するや否や部員より「ゲームは何時から?」「今年は何をするんですか?」と聞かれ、結構楽しみにしているのかな?と思った。

        引率責任者の内田先生より「15時にはじめましょう」とのこと。

        しばし休息をとり、15時より経済ゲームをスタート。

        出し物は、ファーストフード店の経営シミュレーション。

        このゲームは、売上・コスト(材料費や商品開発費、広告費、人件費、店舗家賃)を考慮しながら、売上の獲得して利益を競うもので難易度は、中学生・高校生にとってはかなり高い。

        夏合宿にお邪魔するようになってから、かれこれ7〜8年目?

        毎年異なるゲーム内容なれど、ルールを詳しく説明しなくとも「大丈夫だろう」と勝手な思い込みから、早速スタート。

        期待通り、概略の説明をしただけにも関わらず、部員達はチーム毎に粛々と事業計画の作成を開始。

        各チームが作成した事業計画を「プレゼンテーションする」という過程を経て結果発表という段取り。

        プレテの途中でハタと気が付いた。
        「最初の説明でマーケットサイズに関する注意を実施していないことに・・・」
        これでは、多くのチームが赤字経営になってしまう。

        とき既に遅し、いまさらどうしようもない!

        終わってみれば、参加12チームすべてが赤字経営となってしまった。
        明らかなる説明不足に起因した結果となってしまった。

        18時夕食の時間に遅れること30分、ようやく終了。

        夕食を取り、その後20時半より「商品およびサービスの提供に関して発見したことや反省点を記入」という感想文を書く時間を設けて全部員に記入してもらっていると、内田先生より「記入している様子がおかしい!全員がこんなに真剣に感想文を書くなんて・・・」という言葉があった。

        「おそらく、全チームが赤字になっった結果を受けて、問題点を真剣に考えているに違いない」と・・・

        感想文の記入が終わったのが、概ね9時過ぎ。

        その後中学生は、入浴後就寝
        高校生は、作業継続。
        希望者は、日経ストックリーグの意見交換。

        ストックリーグの意見交換を終え、11時過ぎに入浴、その後 部屋に入って感想文を読んでビックリ!

        そこには、悔しさのみならず、失敗の原因についてシッカリ記載されていた。

        毎年記入してもらっている感想文の中には「ゲームの欠陥を指摘する記載」や「否定的な内容の記載」は皆無ではなかった。

        ところが、今回は、そのような内容はまったく無く、期待以上の効果があったように思う。

        まさに「ケガの功名」かもしれない。

        とはいえ、油断により部員達を混乱させてしまったことには変わりない!
        来年以降、気を引き締めて参加したいと思う。

        結局、寝たのは1時過ぎ
        翌朝、11時過ぎまで昨日意見交換できなかったストックリーグ参加チームとの意見交換。

        結構疲れたが、心地良い疲れ。

        部員達の合宿も、明日で終了。
        全員が、無事帰宅することを願う!
        | 金銭教育 | 11:50 | comments(0) | - | - | - |
        柏木学園高校 「お金講座」
        0

          JUGEMテーマ:教育



          JUGEMテーマ:受験生



          昨日、柏木学園高校へ行ってきました。

          進路ガイダンスの一環で、2年生を対象とした「進学とお金講座」。

          事前に「家庭の経済状況で進学することを断念しない内容」と共に「大学進学のメリットを伝えてほしい」というご要望を受けての講座。

          ・大卒・高卒・アルバイトの生涯賃金の違い
          ・多額に上る進学・在学資金の状況
          ・日本学生支援機構の奨学金
          ・進学目的意識の重要性

          など、通常の生徒向け「お金講座」の内容をアレンジした内容。

          次のプログラムの都合から「時間厳守!」とのことであったので、「わかり易さ」という点では満足できる内容にはできていないが、真剣な面持ちで聞いていた生徒がいたのが印象的であった。

          参加したすべての生徒にとって、50分弱という時間中に集中して「話を聞く」というのは、至難の技である。
          中には、居眠りを決め込む生徒も皆無ではなかったが、体育館という広い会場にて2年生が集まって聞くスタイルでは、よく聞いてもらえた方だと思う。

          とはいえ、持ち時間を意識するあまり「早口」、「説明不足」は否めず、講演者としては「甚だ不満足な内容になってしまった」と反省。

          もっとポイントを絞った内容にする必要があるとともに興味をもってもらえるようなエピソードを交える必要があると思う。

          高校2年生から進路を考える機会は、とても大切であり必要なこと。

          ガンバレ受験生!
          | 金銭教育 | 17:55 | comments(0) | - | - | - |
          日経ストックリーグ 第二回相談会
          0

            JUGEMテーマ:教育



            昨日、立教池袋中学・高等学校の数理研究部にお邪魔して「日経ストックリーグ」の相談会に行ってきました。

            2016年度の同部活における相談会は、これで2回目。

            前回(5/30)は、「今年のテーマ」を探す内容。

            今回は、テーマを決めたチームへは、今後の活動方針→方向性を助言。
            未だテーマを決めかねているチームへは、テーマの絞込み。

            また、前回は入学したばかりの状態であった中学1年生チームも2チームエントリーすることになり、今回の相談会から参加。

            これで、中学1年生2チーム、中2チーム、中3チーム、高1チーム、高2チームの計6チームがエントリーして活動することになった。

            現時点で既にレポートの骨格を組み立ててきたチームがある一方で、テーマ選定に苦戦するチームやテーマは決めたものの「このあとどうしよう?」と思いあぐねているチーム。

            そのようなまだら模様の中、各チームに対しては進行状況に応じて、7月末に予定されている合宿までに“宿題”と称して課題に取り組むように指導。

            合宿までには、一定の成果が期待できると思う。

            日経ストックリーグは、否が応でも優劣が結果として現れるが、部員達は良き結果を求めつつも、活動を通じて世の中の仕組みや感心を持って取り組む大切さなど、部員達にとって必ずや将来に役立つ機会になるに違いない!

            今年も合宿に参加するのが楽しみである。
            | 金銭教育 | 14:31 | comments(0) | - | - | - |